さんきゅう日記〜わっきーの出産日記〜



おたよりおまちしています。

5月8日(水) 曇り 時々 雨

今日からサンキュー、いぇいぇ、産休だ。
でも、やっぱり7時前には目が覚めてしまう。
隣のベッドでは、伊内くん(旦那)がすやすや寝ている。

「今日はなにしようかな」と一人うきうきする私。

毎日放送のラジオ「ありがとう浜村 純」を聞きながら、朝食。「うれしそうやん」と伊内くんにいわれて、図星の私はデヘヘとごまかし笑いをする。
新聞を見たりするが、ちょっぴり朝寝坊しよっとと、再びベッドへ。1時間くらい眠る。
その後、朝風呂をピュッと浴びる。会社の後輩から電話。仕事の話。「うれしそうやん。会社に必要とされていてうれしーって顔に書いてあるで。でも、こんな電話も段々と少なくなるんやろなー」と伊内くん。ドキッ。

お昼ごろ、伊内くんが出かける用意をする。ちょっとした買い物を頼まれて、「しかたないなぁ」と言いながら、実はわくわくして車に乗る。
そごうの前で車を降りる。「雨が降りそうだし、お医者に安静といわれているんやから、うろうろしやんときや」と言われる。そうなんです。私、赤ちゃんが降りてきているから、安静といわれている身なんです。が、そういうわけにはいかない。まず、頼まれたようを済ましに、7階の和食器売り場「たち吉」で買い物をして、発送して貰う。それから、館内の案内マップ片手にそごうの中をうろうろ。ディズニーショップや子供服売り場、食器売り場に、化粧品売り場、地下食料品売り場まで。そして、さんちかまで足を延ばす。
「はーはー」ちょっぴりつかれた。地下で150円のフレッシュミックスジュースを買う。座って飲もうと思うけれど、買い物途中のおばさんが、椅子にどーんと袋を置いていて座れない。「うちは主人が早くに亡くなったから」とか言ってる。

やっぱりつかれた。そろそろ帰ろう。

家につくと何だかぐったり。ちょっぴり横になる。はっと気付くと7時。 洗濯機のスイッチをぽんと押して、近くのスーパーへ買い物。晩ご飯の準備をする。
メニューは、コロッケとメンチカツ(神戸コロッケで買った)、ほうれん草の白和え、味噌汁。8時半ごろに電話。「30分くらいで帰ります」。

9時に夕食。テレビで、グラフを破った伊達公子を特集している。伊内くんはすっかりはまって見ている。食事の後、だらだらとテレビを見る。入浴。お風呂から出てきたら、伊内くんが包丁を研いでいる。

明日は、妹が遊びに来て、夜は後輩とご飯。わくわく。

12時過ぎに過ぎに、寝ようと思ったけど、「サンキュウ日記」書かなきゃと、Macintoshを立ち上げる。キーボードをたたくと、お腹の中で赤ちゃんが動くは動く。そういえば、会社でもパソコンに向かうとよく動いていた。女ビル・ゲイツになるかなぁ、なんて早くも親バカか、私は。
[to Top]


5月9日(木)  晴れ

産休2日目。
旦那がゴルフに出かけたので、午前中のんびり。
朝、屋久島に住む先輩から、ベビー服のお下がりが大量に届く。なにも準備していないから、助かる。すごく使っているものもあるけどね。

お昼に妹と待ち合わせして南京町でランチ。お腹満腹で、「オルセー美術館展」を見にいく。一度、パリのオルセーに行ったことがあるからって、ちょっぴり自慢気に、妹に解説する。普通の日なのに、結構たくさんの人が見に来ている。おばさんが多いかな。
やっぱり、ルノアールとかモネとかロートレックは人気みたい。

その後、クローネでお茶をして、家へ。
妹に頼まれて会社で買った服を見ていると、伊内くんが帰宅。三人でお茶しながらしゃべる。妹を三ノ宮まで送ってから、ポートアイランドの「タントタント」で、後輩のよこちゃん、コージーとご飯。妊娠の話から、各夫婦のけんか話に花が咲く。子供の名前の話しをしていたら、この間産まれた東京の伊藤さん家は、「麗」と書いて「うらら」ちゃんだとか。うちの伊内くんが、「くらら」とか言ってるし、こりゃまたですなぁ。

気付くと9時半。コージーが泊まる「パールシティホテル」へ向かって3人で歩いていると、矢田さんから電話。4人でロビーで会話。まだ2日しか休んでないのに、妙に懐かしい気分。うれしくて、しゃべりすぎたかなぁ。

帰宅後、実家の母に電話。その後、屋久島の先輩に電話。出産のアドバイスを受ける。出産のときは痛いけれど、赤ちゃんはもっと痛いのよ。だから、赤ちゃんも頑張っていると思えば、絶対に自分も頑張れるって。34週に入っているのに、なにも準備してないというと、それは駄目。とりあえずもういつ産まれてもおかしくないから、準備することって。ちょっぴり、のんびりしすぎてましたね。

明日は、出産準備をしようっと。心の準備はまだまだだけど。
[to Top]


5月10日(金) 晴れ

今日はちょっぴり寝坊。
8時に起きる。伊内くんを送出してから、ちょっぴり寝る。昨日、いろいろと出かけてちょっぴりつかれたみたい。
はっと気付くと12時過ぎていた。軽く昼ご飯を食べて、洗濯。2時ごろ、郵便局とダイエーへ。この時間なら誰にも会わないだろうと思っていたら、受付の子にばったり。口紅くらいぬってくればよかった。会社に近いのは便利だけど、意外なところで知り合いに会ってしまうから注意しなければ。

昼間のダイエーは、主婦の皆さんの社交の場と化していた。どこから湧いてきたのか、みんな輪になって喋る喋る。子供もいっぱいいる。こんなところで情報交換していたんですね、皆さん。今までは知らない世界だ。

家に戻って洗濯物を干す。あまりの日差しの強さに、帽子をかぶる。頂いたお下がりの子供服を整理する。今日は、本当に一人っきりで一日が終わる、寂しいなと思っていたら、会社のとこちゃんから電話。うれしい、うれしい。夕方にも中村ちゃんから仕事のことで電話が入った。またまた、うれしいうれしい。

妊娠中の友達、まきちゃんから、来週の火曜日、ランチに行こうと誘いの電話が入る。手帳に記入。まだ、休んで3日目なのに手帳を開くのは始めて。予定があるとうれしいものだ。まきちゃんのところは、長男の嫁なので、「男児出産」の暗黙のプレッシャーがあるとか。名前も旦那のお父さんが決めることになっているらしい。へーっ、あっ私も長男の嫁なのに、けっこうほったらかし。

7時前になって、慌てて夕食の準備。今日は、前に伊内くんがストックしていたハンバーグと、ポテトサラダにアボガドと豆腐のサラダのサラダ尽しだ。ご飯も炊けて、ハンバーグが焼け上がった8時過ぎ、伊内くんが帰宅。グッドタイミング。

阪神巨人戦のナイターを見ながら夕食。最初阪神が負けていたけれど、途中、満塁ホームランで逆転。このまま逃げ来るかと思うと、巨人も追い付いて・・・という、波乱万丈の試合。とても最下位同士の試合とは思えない。結局、9時45分までかかった試合は、フォアボールの押し出しで阪神の勝ちと、最後は呆気ない幕切れ。

入浴の後、「探偵ナイトスクープ」を見ながら、お腹のマッサージ。すいかみたいな妊娠線を予防するため、マッサージは毎日欠かさずしてきたのに、あんまりお腹が大きすぎて、下のほうが見えなくなくて、油断していたら、見えないところに妊娠線。伊内くんに「何それ?」と言われて初めて気付いたけど、肉眼では見えず、鏡に写して妊娠線と確認した。うっうっ。

足のむくみもひどい。マッサージオイルを塗って、マッサージ。昨日くらいから、手もむくんできた。伊内くんにも、マッサージを手伝って貰う。
[to Top]


5月11日(土) 曇り

明日は母の日。伊内くんのお母さんには花を手配すみだが、うちの母は花は多分喜ばない。妹が花屋だから。何かプレゼントを見にいきたいが、伊内くんに出かける気配がないので、一人でポートピアホテルまでぶらぶらと歩いて行く。ちょうどお昼時だからか、クローズしている店も多い。いろいろ見たけど、これというものがなくてどうしようかと思っていたら、下着の店があった。そこで、ちょっとかわいめのフリフリピンクのパジャマを買う。 昼食はそうめんが食べたかったのに、伊内くんがにゅうめんがいいというのでにゅうめんにする。その後、妹に頼まれていた宅急便と一緒に母へのプレゼントも送る。2時ごろ、伊内くんがゴルフの練習に出かけた。私は何だか疲れたのもあって、ベッドに横になる。気付くともう夕方。「妊婦は疲れやすくて眠いものなのだ」と自分に都合の良い理由をつけて、そろそろ夕食の準備に取りかかる。足りないものを少し買い物して、今日は冷凍庫にストックしておいたフライを揚げることにした。調子良く揚げていたら、「ピンポーン」とチャイムがなった。早いなと思いながら、勢いよくドアを開けると、「NHKです。受信料をいただきに来ました」。「なにーっ」。でも、断わるわけにも行かずとりあえず5月分の2300円(衛生放送込)を支払う。NHKって大河ドラマの「秀吉」位しか見てないのに、高いんと違うん。次は対策を練らねばと、頭の中で考える。 それからしばらくして、伊内くん帰宅。めちゃめちゃお腹がすいているようで、すぐさまフライを食べる。昨日の続きで、またもやテレビは「阪神・巨人」戦。そして、クイズ不思議発見の後、夜もヒッパレを見ながら、大声で歌う二人。どちらもオンチなので、胎教に悪いよなぁ。そのまま、「たかじんのばぁ」までだらだらとテレビを見続ける、ダラダラサタディーナイトを過ごしてしまった。1時半ごろ、眠くなってお風呂も入らずに寝てしまった。これでは駄目だ。反省。
[to Top]


copyright(c)1996 waki All right reserved.

[mother link] [Home]